トップ / 居酒屋で使うオリジナルTシャツの色

居酒屋のオリジナルTシャツ

居酒屋で使うオリジナルTシャツの色

居酒屋の制服オリジナルTシャツの色

居酒屋のユニフォームのオリジナルTシャツを作成するにあたり、まずはベースになるTシャツの色を決めなければなりません。特に飲食系、特に居酒屋では、清潔さやおいしさ、元気なんかをアピールできる色を選ぶのが肝心ですよね。それで、色の持つ効果について調べてみました。それぞれの色で、人に与えるイメージが異なることが分かりました。

暖色系:赤やオレンジ、黄色、ピンクが暖色系
例えば、赤はエネルギーを感じる色だったり、気分を高揚させたりする効果のある色です。食欲を増進させる効果のある色なので、飲食系でも制服のベースカラーで採用されています。オレンジは、緊張を緩和し、親しさを生み出す効果があります。そこから仲間意識が生まれ、開放的な気分を感じることができる色です。

寒色系:寒色系の代表は青
青色からは、空、海、水などの自然をイメージすることができます。そこから見る人の感情を落ち着かせる効果が生まれます。青は知性的、理性的、誠実さというイメージを与える色でもあるので、手術着などのように医療系のユニフォームで使われる色になっています。

中間色:紫や緑がこの中間色です。寒色系と暖色系の間に位置するので、温度や刺激を感じさせない色でもあります。紫は、僧侶の袈裟に代表されるように、高貴なイメージがあります。緑は、森や植物の色でもあるように人に癒しを与える色です。エステやアロマ店のような癒しを提供する店の制服に良く採用されます。

無彩色:白、黒、グレーが無彩色
白は、白衣に代表されるように清潔さ、純粋さなどをイメージする色です。黒は、シックでオフィシャルという印象を与える色です。また、実用的な面では、汚れが目立ちにくいという点もありますね。

オリジナルTシャツのベースの色を決める参考にしてみてください。

Copyright © 居酒屋の制服にはオリジナルTシャツ All rights reserved